第10回 観光映像大賞 ファイナリスト発表

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア では2012年より、創造性・振興性・話題性を含んだ観光プロモーション映像に「観光映像大賞 観光庁長官賞」を授与してきました。第10回目を迎える2021年は、全国65本の観光プロモーション映像の中から選考を行い、5本がファイナリストとして選ばれました。
ファイナリストの中から1作品が観光映像大賞 観光庁長官賞 を選出いたします。

昨年からのコロナウイルスの影響により、観光への向き合い方が変化する中、地域ブランディングを担う観光映像はどのように変化したのか。

地域の魅力を発信し、映像でも旅行気分が味わえる観光映像の数々から、ぜひ地域の熱いメッセージを受け取ってください。

 


第10回観光映像大賞 ファイナリスト (地域名の50音順。尺数は四捨五入表記となっています。)
※5作品はSSFF & ASIA 2021 オンライン グランド シアターにて、6/21まで配信中!

 

【作品名】泣きたいのに泣けない私
【監督名】柴山健次
【尺数】7分
【地域名】愛知県常滑市
【制作年】2020年

泣きたいのに泣けない私

 

あらすじ:
仕事に悩み落ち込んでいた一人の若い女性がある日、友達が勧めたアニメ映画「泣きたい私は猫をかぶる」を観て、主人公のムゲのように強い自分になりたいと足を運んだ場所がアニメの舞台となった『愛知県常滑市』。「泣き猫」の世界観を体感し、どこか懐かしさを感じる街に癒されるなど、自分探しの旅となる。常滑は、ムゲのように強い自分を見出せるきっかけをくれた街だった。

【ファイナリスト発表を受けてのコメント】
ファイナリストに選出いただき、大変光栄に思います。 今作品は常滑出身の監督だからこそ描けた「常滑の魅力」が詰まっており、まだ常滑を知らない多くの方々に興味を持って頂きたいと制作しました。見どころは、常滑に暮らす人々や風景に明日への活力を見出していく主人公の姿です。ご覧頂き、ぜひ常滑にお越し頂けたらとても嬉しいです。
一般社団法人とこなめ観光協会

【作品名】ふるさとのにおい 
【監督名】菊地健雄
【尺数】8分
【地域名】佐賀県上峰町
【制作年】2020年

ふるさとのにおい

 

あらすじ:
「故郷に戻った。帰省ではない、帰郷だ」東京から故郷の上峰町に戻った
いつの間にか幼馴染は一人前になっていて──
「きっと私にも何かできるはず」
心ならずも帰郷した主人公が、実家の酒蔵での父との葛藤や幼馴染との交流を通して、故郷上峰町の魅力を再発見していくショートムービー。

【ファイナリスト発表を受けてのコメント】 『ふるさとのにおい』は、”上峰町にUターンした主人公が悩みながらも周囲の人たちとの関わり合いの中で故郷を見つめ直すこと”をテーマに制作しました。自然の美しさ、人の温かさ、食の豊かさ、それが当たり前のように日常にあるというのはぜいたくなこと。そういった上峰町の魅力が、作品を通して多くの人に届くことを願っております。
監督 菊地健雄

【作品名】突撃!南島原情報局【神回】
【監督名】渋江修平
【尺数】27分
【地域名】長崎県南島原市
【制作年】2021年

突撃!南島原情報局【神回】

 

あらすじ:
ムービーの舞台は、南島原市の旬をお伝えする週末情報番組「突撃!南島原情報局」。想定外の出来事が次々に起こり、のちに神回となる放送回がついにyoutubeにアップされた!!架空の情報番組に、架空のCM。そして満島ひかりさんが演じる癖が強すぎる南島原市民たち。南島原の多彩なコンテンツを、エンターテイメントな演出でインパクトをもたせて伝える約27分間です。

【ファイナリスト発表を受けてのコメント】
ざっくりと良い雰囲気だけで市をPRするのではなく、しっかりと「天草四郎」「世界遺産の原城跡」「島原手延そうめん」の3点を覚えていただき、そして実際に南島原市に足を運んでもらうことを意識して脚本を練りました。 これから皆さんと一緒に南島原の魅力を共有できることを楽しみにしています!
監督 渋江修平

【作品名】見栄サミット#三重の観光PR動画
【監督名】木戸純平
【尺数】15分
【地域名】三重県
【制作年】2020年

見栄サミット

 

あらすじ:
三重県を構成する5つのエリアを1つずつの国と想定し、5エリアの首脳たちが
一同に会したサミットにて、自国の自慢話で「見栄」を張り合うショートムービー。
コメディータッチの動画を通じて、三重県各地の観光スポット、自然、食を紹介しています。

【ファイナリスト発表を受けてのコメント】
数ある作品の中からファイナリストに選んでいただき、大変うれしく光栄に思います。この映像で描かれているように、三重には見栄を張りたくなるような、素敵なモノ・コトが沢山あります。これをきっかけとして、見栄に…いや、三重に興味を持っていただけるとなお嬉しく思います。
公益社団法人三重県観光連盟

【作品名】若狭の魅力を伝えたいけど予算がねえ
【監督名】平林勇
【尺数】4分
【地域名】若狭湾エリア
【制作年】2021年

バナー_Twitter用_0320

 

あらすじ:
一昔前の若狭湾観光PR動画。
その動画をリニューアルする依頼がとある制作会社に舞い込んできた。
しがないディレクター、お気楽なAD、ザ・プロデューサー、翻弄されるエディター、
何も知らないインターン生。
誰も福井県若狭地方に行った事がない。予算もない。
この状況、このメンツで果たして観光PR動画を作れるのか?

【ファイナリスト発表を受けてのコメント】
いわゆる「悪目立ち」する企画を、何の修正も調整も無く作らせて頂きました。 それも若狭湾観光連盟の皆様の懐の深さだと思っております。 そして、観光映像大賞を目指していたので、ファイナリストに選んで頂きまして、 夢が正夢になった気分です(笑)。 一番は若狭湾地方が本当に素敵な場所ということなんだと思います。
監督 平林勇