ネスレシアター

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)はネスレ日本株式会社(ネスレ)と、2014年からブランデッドムービーの制作をしています。2016年、SSFF & ASIA はブランデッドムービーに特化した部門Branded Shortsを新設しました。初年度には国内外の動画マーケティング事例紹介と共に、企業によるブランデッドムービーの制作意図への理解を目的とし、「グローバルカンファレンス powered by ネスレ日本」を開催。国内外の動画マーケティングに知見の深い著名なクリエイターを迎え、動画マーケティングの今を議論しました。また、ショートフィルムを自社のブランドコミュニケーションに活かし、ブランデッドムービーの製作とオウンドメディアのコンテンツ拡充に務め、 これまで日本の動画マーケティングを牽引してきたネスレの取り組みに対し、Branded Shorts Special Recognition Awardを授与いたしました。
SSFF & ASIA とネスレは今後もブランデッドムービー、日本国内の動画マーケティングの活性化を目的に、継続した取り組みを続けていきます。
ネスレが制作したブランデッドムービーは、無料で楽しめるWeb映画館「ネスレシアター」で公開しています。最新作は、2018年10月に公開された『What is REAL?』(監督:永田琴)です。

 


 

ネスレシアター作品

 

『What is REAL?』

WIR
監督:永田琴
 
キャスト:フィガロ・ツェン、田中要次、藤井美菜 他
 
台湾の青年カメラマン・アトンは、日本人の恋人・ゆりの誕生日祝いに写真を撮る為、サプライズで日本にやって来る。しかし、ゆりの反応は予想外に冷たいものだった。失望したアトンが一人で向かったのは、 写真を撮るつもりだったゆりの故郷の山。そこで不思議な男性と出逢い……
「大切な人と共に過ごす特別な時間」を描くファンタジー・ドラマ。