『BRANDED SHORTS 2020』(無料)を9月23日(水)に開催決定!

本イベントの予約(無料)は8月15日から開始します

 
米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)2020は新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、当初予定していた6月の開催を延期しておりましたが、このたび、2020年9月16日(水)~27日(日)をメイン日程に、オンライン会場での展開も拡充して開催することを決定いたしました。
 同映画祭内において、企業や広告会社が制作したブランディングを目的としたショートフィルム(ブランデッドムービー)の祭典「Branded Shorts 2020」を2020年9月23日(水)に開催いたします。
 本イベントでは、本日発表となる、世界の企業や団体から集まった400本以上の作品の中から選ばれたBranded Shortsノミネート作品24作品の上映および、審査員により「シネマチック」「ストーリーテリング」「アイデア」など7つの視点をもとに選定、審査された最も優れたブランデッドムービーを表彰する「Branded Shorts of the Year」、最もシネマチックな作品に贈られる「SUNRISE CineAD Award」、そして今年9回目を迎える観光映像大賞 観光庁長官賞 の授賞式が行われるほか、ネスレシアター最新ブランデッドムービー『この場所の香り』もプレミア発表いたします。
 赤坂インターシティコンファレンス(会場協力:日鉄興和不動産)で開催される本イベントのチケットは、8月15日より予約を開始いたします。また、イベントの模様はオンラインでの配信も予定しています。
 
 また9月には開催前のプレイベントとして、オンライン上でのBRANDED SHORTS配信や、BRANDED SHORTSに関するトークイベントを実施する予定です。
 


 
『BRANDED SHORTS 2020』
5年目を迎える今年は、世界中から400以上のエントリーが集まりました。その中から、国際短編映画祭独自の基準(シネマチック、ストーリーテリング、エモーショナル、アイデア、オリジナリティ、ブランディングパワー、シェアラブル)を元に、24作品(インターナショナルカテゴリー17作品、ナショナルカテゴリー7作品)がノミネート。
ノミネート作品の中から、広告・映画など業界の垣根を越えて集まった審査員により、Branded Shorts of the Year インターナショナルカテゴリー、ナショナルカテゴリーが選出されます。
 


 

「BRANDED SHORTS 2020」:2020年9月23日(水)14:00 – 17:00

会場:赤坂インターシティコンファレンス/東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 4F
 
<第一部>

ネスレシアター最新ブランデッドムービー『この場所の香り』プレミア発表会

従来の広告では伝えきれないブランドのメッセージや価値、世界感をショートフィルムで表現し、日本の動画マーケティングを牽引してきたネスレ日本。2020年は、コーヒーマシンを通じて、職場に笑顔とくつろぎの場所を提供するサービス「ネスカフェ アンバサダー」プログラムをテーマにした新作ブランデッドムービー『この場所の香り』を製作し、9月23日より、ネスレが手がけるWeb映画館「ネスレシアター」で配信します。
「ネスカフェ アンバサダー」プログラムは、職場やコミュニティに「ネスカフェ」のコーヒーマシンを無料で貸し出し、専用のコーヒーカートリッジの定期購入は「ネスカフェ アンバサダー」と呼ばれる職場の代表者に協力していただくサービスです。「1杯20円~手軽においしいカフェメニューがオフィスで楽しめる」という経済性や利便性、マシンをきっかけに自然とコミュニケーションが生まれるベネフィットが多くの職場やコミュニティで受け入れられ、現在、「ネスカフェ アンバサダー」は累計応募者48万人を突破しています。(2020年4月時点)
オープニングトークでは、ネスレ日本株式会社 専務執行役員 石橋昌文氏、当映画祭代表 別所哲也が登壇し、「ネスカフェ アンバサダー」プログラムの今後の展望や、ブランデッドムービーの可能性を語ります。
また、完成発表イベントとして、本作品の上映のほか、メガホンを取った榊原有佑監督や出演者が登壇し、企画背景や、撮影秘話などを語ります。
 
<第二部>

BRANDED SHORTS 2020 授賞式 & 上映会

世界中からエントリーされたブランデッドムービーの中から、広告・映画など業界の垣根を越えて集まった審査員によって選ばれるBranded Shorts of the Year(インターナショナルカテゴリー/ナショナルカテゴリー)、また株式会社サンライズ社よるSUNRISE CineAD Award を発表いたします。
また、2012年にスタートし今回で9回目を迎える「観光映像大賞 観光庁長官賞」(創造性・振興性・話題性を含んだ観光プロモーション映像に授与)の授賞式も行います。授賞式の後は、受賞作品を含むBRANDED SHORTS ノミネート作品を一挙に上映いたします。
 
SUNRISE CineAD Award とは?
「映画をコミュニケーションメディアに」を理念に全国の映画館でシネアドを展開する株式会社サンライズ社は「生活者にとっての価値」と「企業のブランドメッセージ」を両立したブランデッドムービーの理念に共感し、2018年「SUNRISE CineAD Award」を創設しました。本年度もエントリー作品の中から、最もシネマチックなブランデッドムービーに贈られます。受賞作品は一定の条件のもと、国内の映画館でシネアドとして上映致します。
SUNRISE CineAD Award は、ショートショート実行委員会と株式会社サンライズ社により選出されます。