【Branded Shorts 2018 Shortlisted】クルマから愛を、もっと。START YOUR IMPOSSIBLE(日本)

 
【Branded Shorts 2018 Shortlisted】クルマから愛を、もっと。START YOUR IMPOSSIBLE(3:00/日本/2017)
 
広告主:トヨタ自動車株式会社
広告会社:株式会社電通
制作会社:株式会社 電通クリエーティブX
監督:原田陽介
 
【あらすじ】
クルマは“愛車”と呼ばれ、唯一「愛がつく工業製品」です。 これからもクルマが“愛車”と呼ばれる存在であり続けるために。愛されてきたクルマが、その感謝の気持ちを集め、ひとを愛する存在へと成長していく。 そんな決意をクルマからの視点で表現した映像です。  「私はクルマです。」というセリフから始まるストーリー前半では、クルマからの視点で、様々な【“人”と“クルマ”との愛のある関係性】を描き、愛されてきたことへの感謝、その愛に応えたいという想いを表現しています。  ストーリー後半では、これまでの愛に応えるために、 クルマ同士がつながりあって、ひとつになることによって、愛してくれたあなたを愛する存在になっていく、クルマの決意を描きました。 最後に登場する車両は、 人を理解し、ともに成長するパートナーを目指す、トヨタが考える「未来の愛車」を具現化したコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」。 これからも“愛車”といわれるクルマを作り続けていきたい。未来へのトヨタの挑戦をあらわした作品です。
 
【制作の目的】
⾃動運転ができるようになって、クルマをとりまく環境がどれだけ変わっても、どうしても忘れたくないものがあります。クルマはやはりエモーショナルな存在で、そのことをとても⼤切にしていきたい。テクノロジーとエモーションが融合してはじめてクルマは未来の道を⾛り始めるはずです。   “愛”という言葉をキーワードに、これからも“愛車”と呼ばれるクルマを作っていきたい。  そういったトヨタの意志、未来への挑戦を表現するためにつくられた作品です。
「クルマから愛を、もっと。」というテーマで出展した、東京モーターショー2017にて公開が開始されました。
 
【応募作品を通して伝えようとしたメッセージ】
未来が忘れてはいけないものがある。 ⾃動運転ができるようになって、クルマをとりまく環境がどれだけ変わっても、クルマはやっぱり、エモーショナルな存在で、そのことをとても⼤切にしていきたい。 クルマがこれからも“愛車”と呼ばれる存在であり続けるために。 もっともっと愛されるにはどうしたらいいか。 クルマが人を愛するようになるにはどうしたらいいか。 トヨタは、愛という⾔葉を核に進化をする決意をしました。 クルマから愛を、もっと。 “愛”という言葉をキーワードに、これからも“愛車”と呼ばれるクルマを作っていきたい。 そんなトヨタの意志、挑戦の想いを表現しています。