【Branded Shorts 2018 Shortlisted】MIRAI 2061 (日本)

0214master_MIRAI2061_Loud_LT
 
【Branded Shorts 2018 Shortlisted】MIRAI 2061(7:40/日本/2017)
 
広告主: 福島県
監督: 児玉裕一
CD: 箭内道彦
広告会社: 東北博報堂/風とロック
制作会社: 株式会社ギークピクチュアズ
 
【あらすじ】
時は2061年。ひかりが孫娘のみらいと散歩にきたのは、雄大な自然と美しい建造物が調和した、福島を代表する憩の丘〈ジェビレーヒルズ〉。ドローンが3秒でランチを届けてくれる・・・そんな時代に、ひかりは改めて時の流れを感じ、あの頃から50年の間に起こった世界の様々な変化に想いを馳せる。ひかりは腕のブレスレットをこすると、ちょうど若い頃(2011年)の姿になった。この時代のホログラムARシステムを使うと、どんな姿にでもなれるのだ。そして、優しく歌うように昔話をはじめる・・・。
 
【制作の目的】
福島県の人々に明るい未来を示したかった事。福島県以外の人々に福島県の事を知り続けてもらうため。
 
【応募作品を通して伝えようとしたメッセージ】
一番意識したのは、その土地に人が生き続けていくということ。福島の伝統文化である、相馬野馬追のようなものも、人と共に受け継がれている。そこを描ければと考えました。