【Branded Shorts 2018 Shortlisted】「アリキリ」第1話「残業編」

BRANDED 2-04
 
【Branded Shorts 2018 Shortlisted】「アリキリ」第1話「残業編」(3:07/日本/2017)
 
広告主:サイボウズ株式会社
広告会社:株式会社日本経済広告社
制作会社:内山勇士、ファンワークス
監督:内山勇士
 
【あらすじ】
駅前で井上さん(キリギリス)が待ち合わせをしている。そこに後藤さん(アリ)がやってきて…
 
【コンテクストの説明】
「働き方改革」の流れが残業禁止や女性活躍など画一的になっており、号令する会社や社会とは裏腹に現場は混乱するケースがまだまだ多いといえます。その実情をアニメの手法で風刺し笑いに変えることで関心を引き、「働き方改革」の本質について考えるきっかけ作りを狙いました。 誰もが知るアリとキリギリスの寓話をベースに、様々な特性の虫たちを登場させ、人間社会に重ねあわせて アレンジした「ワークスタイルアニメーション」です。
 
【制作の目的】
「働き方改革、楽しくないのはなぜだろう。」というテーマでアニメの制作を行い、「働き方改革」の本質について問題提起し考えるきっかけ作りを狙いました。ひいては20周年を迎えるサイボウズへの注目を集め、働き方改革の先進企業であるというブランドイメージの醸成につなげることを目的としました。
 
【応募作品を通して伝えようとしたメッセージ】
「働き方改革」の本質について問題提起し考えるきっかけ作りを狙い、一人ひとりが本当に幸せな、楽しい働き方について考え、選択できるようにしていきたい。
 
【クリエイティブにおける工夫とその意図】
シリアスで難しいテーマですが、若い世代をターゲットにアニメという形態にして、観てもらうためのハードル下げることを意識しました。 「紙兎ロペ」「野良スコ」の原作者である内山勇士氏を脚本・監督に迎え、くすっと笑える楽しい作品になることを目指しました。 風刺の手法で、本質を鋭く突きながらも、楽しく気軽に観られる作品に仕上げました。