受賞作品含む世界の名作ブランデッドムービーを一挙上映!特別セミナーも実施

東京国際映画祭の連動企画として毎年行われている、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018 秋の上映会。
10月9日(火)/11(木)は、秋のBRANDED SHORTS プログラムとして、今年6月に開催したBRANDED SHORTS 2018受賞作品の他、カンヌライオンズ2018 フィルム部門グランプリ作品などを一挙上映いたします。
 
また、10月5日(金)には、BRANDED SHORTS 2018 秋の特別セミナーとして、電通エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターの高崎卓馬氏と、映画『告白』、『八日目の蝉』、『許されざる者』などで、これまで数多くの日本アカデミー賞を受賞している映画プロデューサー石田雄治氏が登場。 「映画と広告の理想形」と題し映画、広告双方の現在・未来と、映画×広告の化学反応がひきおこす可能性を探ります。日本を代表する広告のクリエイティブ・ディレクターと、日本が世界に誇る映画プロデューサーが考える、映画と広告のハイブリッドなカタチとは何かを議論していただきます。
 


 

BRANDED SHORTS 2018 秋の特別セミナー

 
【日時】2018年10月5日(金)14:00 – 16:00 (受付:13:40)
【会場】東京都写真美術館(東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)

※アクセスはこちらから

【参加費】無料
 
【講師】
高崎卓馬((株)電通 エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター/CMプランナー)
Takuma_Takasaki
広告を中心に様々な領域で活動している。主な仕事に、JR東日本 「行くぜ、東北」、SUNTORY「ムッシュはつらいよ」「オランジーナ先生」、日本郵政 「私は郵便局が大好きだ」、TOYOTA「WHAT WOWS YOU イチローが嫌いだ」、三井不動産レジデンシャル「タイムスリップ!堀部安兵衛」、映画「ホノカアボーイ」、ドラマ「戦う女」などがある。
2010年、2013年、クリエーターオブザイヤー賞など国内外の受賞多数。著書に小説「はるかかけら」(中央公論新社)、「表現の技術」(朝日新聞出版)など。雑誌Hanakoでの「勝手にリメイク!」などの連載多数。
 
 
 
 
 
石田雄治(プロデューサー)
写真2
大学卒業後ソニー・ミュージックエンタテインメント、ギャガ、ポニーキャニオンで音楽の制作・宣伝や洋画の買付け・配給、ドラマの映像製作に携わる。2002年にアミューズ入社後本格的に映画製作を始め、2010年日活入社。映画以外にテレビドラマ、ミュージックビデオも製作。主なプロデュース作品に「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」「脳男」「許されざる者」「ヒメアノ〜ル」「散歩する侵略者」(以上映画)「スカイハイ」「マジすか学園」「荒川アンダー・ザ・ブリッジ」(以上テレビドラマ)など。他にはCHAGE&ASKA、AKB48、前田敦子など数多くのミュージックビデオも手掛ける。2011年から2年連続で「告白」と「八日目の蝉」で日本アカデミー最優秀作品賞を受賞。「告白」ではエランドール賞も受賞。今年の7月よりCRG Studioに所属。
 
 
 
 

 


 

BRANDED SHORTS 2018 秋の上映プログラム


国際短編映画祭としての独自の視点をもとに選んだ BRANDED SHORTSを、秋のBRANDED SHORTS プログラムとして 上映いたします。世界で評価が高い作品から、過去の名作まで選りすぐりの作品ラインナップをお届けします。

【日時】2018年10月9日(火)20:30-22:002018年10月11日(木)20:30-22:00
【会場】アンダーズ 東京 アンダーズスタジオ(東京都港区虎ノ門1-23-4 虎の門ヒルズ 51F)

※アクセスはこちらから

【参加費】無料
 
ラインナップなど詳細は下記をクリック!