【速報】BRANDED SHORTS 2022審査員発表&各アワードノミネート作品オンライン配信スタート!

世界の動画マーケターが注目するブランディングを目的としたショートフィルムの祭典『BRANDED SHORTS 2022』審査員が決定
審査員長 木村健太郎さん他、太田光代さん、
藤井道人さん、ゆりやんレトリィバァさんら7名が就任

本日よりノミネート作品を順次ABEMAで配信開始!

 

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)2022は今年も、企業や広告会社が制作したブランディングを目的としたショートフィルム(ブランデッドムービー)の祭典「BRANDED SHORTS 2022」を開催。

 

本日、審査員総勢7名の発表と共に、企業や団体から集まった687本の応募作品から選ばれた、12の国と地域から、34点のノミネート作品を発表し、ABEMAおよび映画祭オンライン会場での配信は順次がスタートいたします。
※Branded Shortsノミネート作品は6月13日(月)に赤坂インターシティにて上映も行われます。

 

 URLhttps://shortshorts.org/2022/branded-shorts/

 

「ゴーストバスターズ/アフターライフ」のジェイソン・ライトマン監督とその父親で「ゴーストバスターズ」シリーズを手掛けてきたアイヴァン・ライトマン親子の共同監督が実現したAppleの『Holiday: Saving Simon』や、“楽器を持たないパンクバンド”BiSH“のアユニ・Dが出演し話題となっているNECの『C’est LA VIE』などもノミネートしている今年のラインナップ。

 

応募作品の傾向としては、作品の長尺化によるCMとの差別化や、YouTube以外に映画祭上映を行い、「映画作品」としての打ち出しを試みている作品が増えました。一方で、長尺の作品をウェブ配信するために分割・シリーズ化するなど、見せ方をの模索も感じられました。また、コロナ禍を直接描くのではなく、コロナ禍でも変わらない人々の姿を描き、想像以上に長く続くコロナ禍の中で、人々に夢や希望を提供できるサービス・企業でありたいとするメッセージの発信が目立ちました。

 

さらに、今回11回目となる観光映像大賞からは、ファイナリストとなる5作品を本日発表し、配信も開始いたします。

 

5月26日(木)からは、ファイナリストに選ばれた青森県弘前市、京都府福知山市、熊本県、長崎県宇久町、兵庫県洲本市・南あわじ市の各自治体・団体の皆様と、和歌山大学観光学部教授の木川剛志さんをお招きし、映画祭代表の別所哲也をモデレーターに実施するオンライントークイベント「観光映像で見えてくる、これからの観光プロモーション」を配信いたします。イベントではファイナリスト映像のプロモーション施策についてはもちろん、3年のコロナ禍を経て考える、サステナブルやリジェネラティブといったこれからの観光の理想形について等、観光と映像の未来像にも迫ります。ぜひご視聴ください。

 

なお、Branded Shorts of the Yearおよび観光映像大賞 観光庁長官賞の発表は、6月14日(火)に赤坂インターシティコンファレンス(会場協力:日鉄興和不動産)にて行うイベントにて発表いたします。

 

【Branded Shorts 2022 審査員】

jury2022
上段左より、審査員長:木村 健太郎(博報堂 執行役員/ 博報堂ケトル エグゼクティブ クリエイティブディレクター)
太田 光代(株式会社タイタン代表取締役社長)
長田 麻衣(株式会社SHIBUYA109エンタテイメント マーケティング戦略事業部 ソリューション戦略部 リーダー SHIBUYA109 lab.所長)
高崎卓馬(クリエイティブ・ディレクター)
下段左より、たちばな やすひと(ドラマプロデューサー)
藤井 道人(映画監督)
ゆりやんレトリィバァ(コメディアン)
*審査員長に続き五十音順敬称略

 

【Branded Shorts of the Year 2022 上映・配信作品(抜粋)】

ノミネート作品(ファイナリスト)は本日より、ABEMAおよび映画祭オンライン会場で順次配信。
6月13日(月)には赤坂インターシティにて上映を行います。

 

■インターナショナル部門ノミネート作品 (抜粋)

INT_Holiday_ Saving Simon

「ゴーストバスターズ/アフターライフ」のジェイソン・ライトマン監督と「ゴーストバスターズ」シリーズのアイヴァン・ライトマン親子の共同監督が実現

Holiday: Saving Simon

監督:ジェイソン・ライトマン&アイヴァン・ライトマン
【クライアント】Apple
【広告会社】TBWA\Media Arts Lab
【制作会社】Bob Industries

iPhone13 プロ のレンズを通して描く家族の物語。冬の終わりに溶け始めた雪だるまを救い出す少女。季節は巡っても、少女はその雪だるまを大切にしている。彼女の想いは、家族をも変えていく。

 

■ナショナル部門ノミネート作品 (抜粋)

楽器を持たないパンクバンド BiSHのアユニ・Dが出演

『C’est La Vie』

【クライアント】NECパーソナルコンピュータ株式会社
【広告会社】CONNECTIONLAB
(株式会社宣伝会議×コネクション株式会社)
【制作会社】株式会社ピラミッドフィルム

変わらない日常。変わらない世界。「ユキ」と「エリ」異なる性格の姉妹はそれぞれの現実と理想に翻弄されていた。正直に生きたいと願う女性の何気ない日常の中に起きた「はじまり」の物語。
提供:NECパーソナルコンピュータ株式会社

 

【Branded Shortsパートナーメディア ABEMA にて配信開始】


SSFF_KV_01
ABEMAがSSFF & ASIA 2022 Branded Shortsのオフィシャルパートナーに決定!

5月12日より、Branded Shorts 2022ノミネート作品を順次配信するほか、6月14日に開催するBranded Shorts 2022受賞式の模様をLIVE配信。

珠玉のブランデッドムービーたちをぜひABEMAで御覧ください!

URLhttps://abema.tv/video/title/221-178

5月12日~6月30日までの映画祭期間中、Branded Shorts作品を無料でお楽しみいただけます。

 

【第11回観光映像大賞ファイナリスト作品】

上段左より、青森県弘前市 『冬があるから、』
京都府福知山市 『「転生したら鬼退治を命じられました」篇』
熊本県阿蘇地域 『阿蘇の不時着』
長崎県佐世保市宇久町 『宇久島』
兵庫県洲本市、南あわじ市 『淡路島湯けむりサスペンス劇場』

*都道府県名五十音順

 

 

【第11回観光映像大賞オンライントークイベント】

\5月26日(木)20:00~ 配信スタート!/
「観光映像で見えてくる、これからの観光プロモーション」

〇配信開始日時:2022年5月26日(木)20:00~

〇パネリスト:
第11回観光映像大賞ファイナリスト(詳細は下記参照)
木川 剛志(和歌山大学教授/日本国際観光映像祭ディレクター)詳細は下記参照
別所 哲也(SSFF & ASIA代表)

〇視聴方法:下記映画祭ウェブサイトより視聴およびリマインド設定が可能です。        https://shortshorts.org/2022/event/tourism2022/

〇鑑賞費用:無料

<第11回観光映像大賞ファイナリスト参加者 ※敬称略>
1.青森県弘前市 『冬があるから、』より:
弘前市 観光部観光課 課長補佐:佐々木 幸生
電通 コピーライター/プランナー:外崎 郁美
2.京都府福知山市 『「転生したら鬼退治を命じられました」篇』より: 福知山市 産業観光課:田中 健
株式会社博報堂 コピーライター/PRプラナー:審良 聡太郎
3.熊本県阿蘇地域 『阿蘇の不時着』より:
熊本県 観光戦略部 観光企画課:小谷 仁志、浦田 瑛介
JR九州エージェンシー株式会社 CD:山田 大輝
4.長崎県佐世保市宇久町 『宇久島』より
佐世保市企画部 宇久行政センター所長:山口 毅
株式会社LUCA 野上 鉄晃
5.兵庫県洲本市、南あわじ市 『淡路島湯けむりサスペンス劇場』より:
洲本温泉事業協同組合:木下 紘二
DADAN:日座 裕介

<ゲスト情報 ※敬称略>

木川剛志(和歌山大学教授/日本国際観光映像祭ディレクター)
1976年生まれ。京都工芸繊維大学卒業。卒業後はスリランカや中国、アメリカなどで建築家修行をする。ロンドン大学バートレット大学院修了。福井工業大学所属時にプロデューサーをつとめた短編映画「カタラズのまちで」(津田寛治監督)が2013年にショートショートフィルムフェスティバルにノミネートした。和歌山大学観光学部に2015年に異動し、街を舞台とした短編映画、ドキュメンタリー映画を製作する。監督をつとめた、短編映画「替わり目」は第9回商店街映画祭グランプリ、ドキュメンタリー映画「Yokosuka 1953」は第4回東京ドキュメンタリー映画祭で長編部門グランプリに選ばれる。ポルトガル、スペイン、クロアチア、トルコの国際観光映像祭で審査員をつとめている。