【GINZA SHORT FILM CONTEST 2019 最優秀作品】UNBROKEN

Branded1-01
 

GINZA SHORT FILM CONTEST 最優秀作品『UNBROKEN』

監督:Sybilla Patrizia (シビラ・パトリチア)
制作国:日本
制作年:2019年
<あらすじ>
東京を拠点に活動するイギリス人アーティスト、クレメンタイン・ナットによって描かれる、日本の伝統技法「金継ぎ」に関するショートドキュメンタリー。3千年前に誕生した「金継ぎ」という技法だが、「破損」を「装飾」し、より美しいものへと昇華させる哲学は、現在もなお生き続けている。
Unbroken” is a short documentary film exploring the traditional Japanese art of Kintsugi through the eyes of British, Tokyo-based artist Clementine Nuttall. Although the history of Kintsugi can be traced back 3000 years, the core philosophy of this art form and its embracement of failure and change as an opportunity for betterment and sign of resilience is still as relevant today as it was in the past.
 

GINZA SHORT FILM CONTEST とは?

「型やぶり」をテーマに映像を募集したショートフィルムのコンペティション。第一回目の今年、300作品の応募がありました。その中から最優秀賞に選ばれた『UNBROKEN』をBRANDED Program-1にて特別上映いたします。
 
GINZA SHORT FILM CONTEST 公式サイト