【BRANDED SHORTS 2020】連続10秒ドラマ「愛の停止線」

6031
 
クライアント:トヨタ モビリティパーツ株式会社(株式会社タクティー)
監督: 八木敏幸
広告会社: 博報堂ケトル/博報堂
制作会社: 東北新社
 
 
【1話10秒の連続ドラマ形式の動画広告】
スマホで見ても手軽に視聴できるサイズのドラマを制作した。
視聴とシェアの心理的ハードルが低い10秒という秒数の中に“カーメンテナンスが原因で変化していく男女の恋愛関係”を描いている。各エピソードの始まりと終わりに、その前後のエピソードが気になる仕掛けを作り、1つのエピソードを見たら検索して14話すべてを見たくなる動画の構成に仕立てた。視聴結果として「カー用品やメンテナンスメニューが豊富」なイメージが残るように制作している。ドラマのダイジェスト版のように次々とストーリーが展開していく10秒ドラマの構成は、次々と情報が更新されていくスマホの特性にマッチングさせている。