BRANDED SHORTS 2019 in 大阪 開催決定!

2017年、2018年に引き続き「BRANDED SHORTS in 大阪」を今年も開催いたします!
関西圏でブランデッドムービーに興味のある広告主、広告会社、制作会社の皆様、ご来場お待ちしております!
 
【イベント概要】

「ブランデッドムービーの未来」トーク&上映会

ブランデッドムービーとは、企業や団体がブランディングのために制作した、主にオンラインでの視聴を目的とした動画。近年新しいマーケティング手法として注目を集めています。米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル&アジアは、2016年からこの新しい領域に注目し、ブランデッドムービーに特化した部門「BRANDED SHORTS」を立ち上げ、世界中のブランデッドムービーを紹介するイベントを開催。また、動画マーケティングに関するイベントを手掛け、日本国内の「ブランデッドムービー」市場の活性化に一役買っています。そんなBRANDED SHORTSが、大阪でもイベントを開催!2016年から3年間BRANDED SHORTSに審査員として参加している映画監督の山戸結希氏、電通のオンライン動画制作専門チーム「鬼ムービー」に所属するPRプロデューサーの根本陽平氏をお迎えし、ブランデッドムービーを紐解き、今後より一層広がっていくブランデッドムービーの可能性、そして未来について熱く語ります。
 

日時:2019年8月21日(水)18:30-20:00

会場:ナレッジキャピタル 北館7F ナレッジサロン(大阪府大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪内)
※ アクセスはこちら
入場:無料
参加資格:18歳以上(高校生除く)
 
 

 
 
【登壇ゲスト】

山戸結希(映画監督)

2012年、『あの娘が海辺で踊ってる』でデビュー。2016年、小松菜奈・菅田将暉W主演の長篇『溺れるナイフ』が全国ロードショー、興行収入7億円を突破、述べ60万人以上を動員。RADWIMPS、乃木坂46、Little Glee Monster、DAOKOら多数アーティストのミュージックビデオの映像監督を務め、大手企業の広告映像も手掛ける。2018年、『21世紀の女の子』の企画・プロデュースを発表。2019年6月、東映配給作品『ホットギミック ガールミーツボーイ』が公開。
 

根本陽平(PRプロデューサー)

株式会社電通パブリックリレーションズ コミュニケーションデザイン部部長。オンライン動画専門チーム「鬼ムービー」所属。PR視点で企業や団体のブランディングや統合プランニングを行う。宣伝会議「動画プラニング実践講座」「バズクリエイティブ講座」講師。共著に「PR思考」「戦略思考の魅力度ブランディング」。主なメディア掲載に、朝日新聞「ひと」欄など。 受賞歴:Global SABRE Awards(「世界のPRプロジェクト50選」2回)、PRWeek Awards Asia(5年連続)、IPRAなど。
 
【モデレーター】
諏訪慶(ショートショート フィルムフェスティバル & アジア チーフプロデューサー/株式会社FROGLOUD 代表取締役)
2005年「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」を企画運営する株式会社パシフィックボイスに入社。映像事業部 部長 兼 映画祭のチーフ・プロデューサーとして、協賛営業や企業・行政団体とのショートフィルム製作、ショートフィルムを活用したビジネス周りを統括。2015年1月、同社執行役員に就任。同時期、代表の別所哲也と共にブランデッドムービーの企画・プロデュースを中心として、同映画祭のリソースを最大限に活かした新規ビジネスの企画開発・プロデュースを行う株式会社FROGLOUDを設立。同社代表取締役として現在に至る。